国債からFX(為替相場)を考える

週明けのロンドン市場はアイルランド支援を受けた欧州勢の反応が中心となりそうだ。28日の欧州財務相会合で850億ユーロ規模のアイルランド支援が発表されている。週明けのシドニー市場ではユーロ買いの反応もみられたが、その後始まった東京市場では売りに押される展開となっている。

シンガポールの政治で思うこと

(前回ご紹介いたしましたように、)現在、シンガポールの国会議席数全84の内、82議席をPAP(People's Action Party)が占めています。なんと98%!

 

で、残り2議席ってどこの政党でしたっけ?確かWorkers' Party が1議席あったような…

 

というくらい、PAPの存在があまりにも圧倒的過ぎる為にPAP以外の政党といいますと世間一般には殆ど知られていません。

 

ところが意外や意外、気になったので調べてみますと、シンガポールに登録されている政党の数はなんと28!もありました。
http://www.singapore-elections.com/political-parties.html

 

もっとも、休眠中のものもあったりして、実際の選挙戦の対象になる政党というとその数は限られます。前回2006年の選挙を見てみますと実際に選挙を戦った他政党は6つとなっています。

 

シンガポールに住んでおりますと、PAPのことはいろんなメディアでしょっちゅう目にするのですが、他政党については(少なくともマスメディアでは)殆ど何も伝わって来ません。

 

ま、シンガポールは、時に「明るい北朝鮮」と揶揄されることがあるように、メディアは政府が実質おさえ報道は統制されている(*注)ようですから当然と言えば当然でしょうか。

 

(*注)非政府組織(NGO)「国境なき記者団」(これは日本語の翻訳でして、原語は仏語の「Reporters Sans Frontieres(RSF)」です。又、英語名は「ReportersWithoutBorders(RWB)」です。)が毎年実施している報道の自由度調査の結果、シンガポールは毎年きわめて低い評価を受けています。

 

2010年度は178の国・地域中136位でした。
http://en.rsf.org/press-freedom-index-2010,1034.html

 

 

因みに日本は11位で英国の19位、米国の20位よりも上です。

 

・・・ま、世の中そういうもんなんですかねえ?で、話題の中国は171位でした。北朝鮮がてっきり最下位の178位かと思いきや下から二番目で、最下位はアフリカのエリトリアでした。上には上(下には下が正しいでしょうか)がいるものです。

 

 

ところで、あえて今回はシンガポールの支配政党PAPの事を日本語翻訳の「人民行動党」と呼んでいないのですが、その理由は単純でしてPAP(People's Action Party)の翻訳として日本のメディアが使う「人民行動党」という言葉の響きが、どうにもしっくりこないからです。

 

何故Peopleの日本語訳は「人民」でしかないのでしょうか?

 

「人民」という言葉に変な「概念刷り込み」を感じてしまう私としましてはこの言葉を聴くたびに毎回居心地が悪くなってしまいます。単に「行動党」とだけでも訳してくれているほうがよっぽどすっきりしますし・・・といいますか、この程度の英語であればそのまんまPAPと伝えるほうが、「人民行動党」と伝えるよりもましな(少なくとも不必要な誤解を与えない)気がします。、

 

つまりこれは、日本語で政治あるいは市民社会を語る事自体が、日本語自体の制約からして無理があると感じてしまうと共に、多分これは日本のメディアが有する文脈上の問題ではないかしらと思う次第です。

 

世界の多くのものは原語表現に対応する正式英語表記(加え今や中国語表記もか?)はされるものの、それの正式日本語表記が何なのかといった(世界の目から見たらどうでもいい)事が、わざわざ設定されるという事はまずありません。

 

従って、日本のメディアが海外の事象を日本語に翻訳して伝える際は、ある意味「勝手に解釈され勝手な日本語に翻訳されて伝えられているもの」と考えていた方が無難かと思います。

 

一方逆に、日本語表記のものについては、その正式英語表記は何なのかは通常設定されます。ので、その意味では。英語メディアの記者って楽かもしれません。

 

例えば、ここで話題にしている政党名ですが、日本の政党 はいずれも日本語名と共に正式英語名称を持っています。

 

例えば御存知の通り、
民主党 は       Democratic Party

自由民主党 は Liberal Democratic Party  です。

 

なんかそのまんまってかんじですねえ。(芸がないと言えば芸が無い)

 

もっとも公明党は英語名(?)もKOMEITO(New Komeito)というもので英訳にはなっていませんので外人と話す際には苦労します。

 

そういった中、日本語名と英語名で、その想起させるイメージに意外なほどの違いを感じさせるものがあります。

 

・まずは「英語ネーミングの勝ち」、という意味では多分、「みんなの党」の
=>「Your Party」でしょう。

 

この間、あるシンガポーリアンの友人(所謂グローバルマクロといわれるスタイルのヘッジファンド運用者の方で、且、大変な日本通の方です)と世間話をしていた際に、会話の途中で突然彼が、"By the way, I like Your Party、"と発言されたものですから、最初は、一体何の事か訳分からず「はあ」とだけ適当にうなずいていたのですがその後の彼の文脈から、ああ、「みんなの党」のことねえ、と漸く理解した次第でした。(*注;上記例は、あくまでも一つのエピソードを紹介するものでして、筆者の政治的嗜好とは一切関係ありませんので念の為。)

 

・次に「英語ネーミングを聞いて漸く安心(?)できた」のが、「たちあがれ日本」の
=>「Sunrise Party」でしょうか(?)。

 

結党報道当初、最初に私が他人事ながら心配した事は、「一体英語名は何なのかしら?まさか、Stand Up、Japanじゃないよね?」ということだったのですが,やはりそこまで単純ではなかったです。

 

以上はほんの一例ですが、ことごと左様に、英語(あるいは他の原語でも同じですが)表記と日本語表記とで、その意味するニュアンスが全く異なるものになる事がよくあります。(まあ実態としての差があるのかどうかはともかく)

 

もっとも、固有名詞の翻訳ですら苦労するわけですから、外国語の議論の論理構成を日本語で正しく伝える事などは、そもそも不可能なものと割り切って、日本のメディアが日本語で伝える外国の話(特に外交問題)なんかは、はなっから聞かないと決め込むのがいいかもしれません。

 

話しは脱線するのですが、論理を伝えるには不向きでも、語感表現では極めて多彩なのが日本語かと思います。先の外国語から日本語への翻訳表現とは逆のケースで、そういった日本語の語感を外国語に翻訳する際の困難さ(不可能さ!)に触れた面白いエピソードがありました。村上春樹さんが、以前エッセイに書かれていたのですが、ベルリンのホテルに泊まっていた際、何気なくつけたTVで小津安二郎監督の「東京物語」が放映されていたそうです。

 

台詞はドイツ語吹き替えで、ある場面での笠智衆と東山千栄子の会話。

 

「そうかね?」
「そうですよ」

「やはり、そうかね?」
「そうじゃありませんか」

「やはり、そうだね」
「そうですよ」

 

なんていう台詞をドイツ語でやられていたらしいです。

 

「そーであるのか?」
「そーであるのだ」

「そーであるべからざることなきか?」
「そーであるべからざることなきなり」

「そーであること、然り」
「然り」

 

なんだか、形而上学的色彩さえ帯びてきます。

 

やはり、翻訳は無理ですねえ。

 

FX 初心者
これからFXをはじめる初心者むけの入門サイト。FX歴7年の経験者が運営するFXサイト。FXとは、取引の仕組み、為替相場分析方法、指値、トレールなど注文方法、取引スタイル別の通貨ペアの選び方もご紹介。

 

FX 比較
これからFXをするための比較サイト。FX歴5年の投資家が運営。最高のFX会社を選ぼう!FXの比較ランド。勝つためにはサービス内容の評判がいいFX会社選びが重要です。

今週から12月の為替相場(FX)突入。いよいよ2010年もあとわずかです。月初ということで金曜日はいつもどおり米雇用統計(11月)が予定されています。今月5日に発表された10月の非農業部門雇用者(NFP)は6万人増の予想に対して驚きの15.1万人増を記録。民間部が事前予想をはるかに上回る15.9万人増(政府部門は0.8万人減)の好結果。民間部門は9月も10.7万人増(改定値、速報ベースでは6.4万人であった)と二ヶ月連続での10万人越えと雇用市場の回復傾向が如実にあらわれた形です。